ビジネス初心者がビジネスを加速させるためのタイムマネジメント術

みなさんこんにちは!

苦瓜です。

実は、私の3年以内の目標に秘書を雇用するというものがあります。

(もちろん、美人秘書です!笑)

なぜかというと、私はタイムマネジメントがとても苦手なのです。。。笑

数年前までは、繁忙期に自分でタイムマネジメントをしていると、うっかりミスをしたり時間に遅れたりすることがしばしばありました。

「ここから車で目的地へ移動するのに40分もかかるのぉ!?しかも渋滞じゃーん・・・。」

みたいなことで、先方に謝り倒すこともありましたね。。。

「そのくらい自分でしっかり管理せぇー!」

という声が聞こえてきそうですが、タイムマネジメントが上手にできるようになると、大きく自分のビジネスを加速させることができます。

今日は、そんな起業家やビジネスマンにとって重要なタイムマネジメントについて話をしていきましょう。

 

タイムマネジメントとは

 

タイムマネジメントとは、つまり、時間管理のことです。

よく仕事などの業務効率を高めるために使われる言葉です。

先程も言いましたが、このタイムマネジメントをしっかりやることで、あなたのビジネスを大きく加速させることが出来ます。

なぜなら、無駄を省き消費する時間を極限にまで減らすことで、自分が本当にやるべき業務に時間をかけることができるからです。

さらに、そのタイムマネジメントの中で効率とともに仕事の質を高めることが出来れば、これまでの何倍もの生産性を作ることが出来ます。

では、その質を高めることとは、一体どのようなことでしょうか?

 

タイムマネジメントとコミュニケーション

そのような質を高めた時間短縮をする上で外せないのが、コミュニケーションです。

なぜなら、我々は毎日たくさんの人と話をしたりメールやLINEでやり取りをしているからです。

余計な雑談をなくし、会議も効率良く行うことで無駄な時間を無くすことができます。

しかし、コミュニケーションを片っ端から削減することには注意点があります。

一見すると無駄に見えるコミュニケーションにも、最終的には仕事を円滑に進める役割があるからです。

例えば、部下が上司と話をするときに、上司が興味のありそうなゴルフについて話をすることは無駄でしょうか?

答えはノーです。

そのコミュニケーションがあるからこそ、その後のコミュニケーションが円滑に進むことはよくある話です。

また、ひとつのプロジェクトに大勢のスタッフが取り組む場合にも配慮が必要です。

タイムマネジメントは個人のテクニックの問題と思っている人が多いと思うのですが、実はコミュニティや複数人いる集団の場合は、組織のコミュニケーションの問題を解決しなければ、逆に大きな時間のロスを起こすことにも繋がりかねません。

情報の共有はどのように行うのか。

指示系統はどういう形なのか。

報告・連絡・相談はどのような形で行うのか。

等々です。

複数人の場合、コミュニケーションによって上手く関係性が築けないと、情報の伝達も人数が多い分だけスムーズに行えなくなるため、かえって無駄な作業を生み出すことになるわけです。

このように、必要最低限の情報伝達だけで済ませるのではなく、人間関係を築くためのコミュニケーションも、場合によっては必要なのです。

管理職の場合には、時間を作ってスタッフへの声かけをすることも大切でしょう。

必要な情報伝達だけで済ませてしまうと、部下の考えなどをしっかりと把握することが難しくなります。

そう考えると、タイムマネジメントは決して時間の使い方を効率化させることだけではないことが理解できると思います。

目先の時間を有効に使うことだけを考えてはいけないのですね。

大切なのは、限られた時間をどのような人に対してどのように使うかなのです。

 

コミュニケーション以外の時間短縮術

さて、ここまでは、コミュニケーションを考慮することによるタイムマネジメントについて話をしてきましたが、それ以外に究極のタイムマネジメントの方法があります。

それは、今の時代だからできることでもあり、逆にこれができればあなたは本当に自分のビジネスを加速させることができます。

ここでは、そんな方法について紹介していきましょう。

まず1つ目ですが、

「自分しかできないこと以外は、自分でやらない」

ことです。

「えっ、そんなこと言ったって・・・・チラシもホームページも自分でつくらなきゃだし、そんなこと業者にお願いするようなお金はないんですよー・・・。」

と言いたい人もいると思いますが、はっきり言って、今はもうそういう時代じゃありません。

激安でチラシデザインを発注することもホームページを作ることもできるのです。

激安ってどのくらいかというと、まあ、高くて3,000円~5,000円です。

(安いと500円とかでできると思います。)

しかも、この値段で作ってくれる人の腕はプロ級です。

下手したら、自分しかできないと思っていることも外注できてしまうかもしれません。笑

気になる人は、以下のサイトで探してみてください。

何でも自分でやらない方法①

何でも自分でやらない方法②

 

こんな風に、少しのお金で専門家にどんどん外注することで、本当に自分しかできないことに時間をかけて取り組むが出来ます。

2つめです。

「世の中にあるツールを使いまくる」

です。

例えば、現在、私は手帳を持っていないです。

なぜなら、常に予定はiPhoneに入力しているからです。

それでいて、予定を忘れることはないです。

iPhoneがアラーム等で教えてくれるからですね。

これができれば、いちいち手帳を取り出す時間も手帳に書きこむ時間も省くことが出来ます。

(スマホのカレンダーに入力する時間はかかりますけどね。)

また、私は最近、車の中でメールやブログの記事を書いています。

もちろん、実際にペンで書くわけでもパソコンを開いてタイピングするわけでもないです。

スマホにダウンロードされている音声認識アプリに話しかけることで、画面を一切触らず見ずに文章を書くことができるのです。

(画面を一切触らず見ないで運転することは道路交通法違反ではないですが、運転に自信がない人は辞めてくださいね。)

それも、私にとってはとても大きな時間短縮になっています。

といったように、今だからこそできる時間短縮術があるわけです。

 

さいごに

ここまで、タイムマネジメントについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

簡単に言うと、「コミュニケーションの見直し」と「新サービスを使いまくる」の2つができればOKということですね。笑

これらを十分に考慮し活用することができれば、あなたのビジネスは今よりも格段に加速していくでしょう。

特に、これからは更なる技術が進み、アプリどころか人工知能(AI)に業務をこなしてもらう世の中になると思います。

時代の流れに乗り続けることは大変かもしれませんが、そのような情報を知っているかいないかで大きな差が出てくることも間違いないでしょう。

 

とはいえ、私個人としては、人工知能に頼り過ぎるのは危険なことだと思っています。

そういう時代になればなるほど、最後は人と人とのコミュニケーションが重要になってくるのではないでしょうか。

もし、コミュニケーションの部分まで人工知能が支配してしまう世の中になってしまったら、人間が人間である意味はなくなってしまうでしょう。

我々は、何千年も前からコミュニケーションにより自分の考えや情報を伝え、伝えられ、その繰り返しによって進化してきたわけですから。

皆さんは、どう思いますか?

今日も、最後まで読んでくれてありがとうございました!

The following two tabs change content below.

苦瓜 一斉

代表取締役株式会社FRONTIER GATE
出身地:沖縄県 最終学歴:筑波大学大学院(体育科学)大学時代の研究や経験を生かし、主にスクール運営やフィットネス、スポーツマネジメントを中心とした事業を展開中。現在は、個人起業家の支援やコンサルティングも手掛ける。元プロボクサー。個人投資家。

※この記事は、あくまで苦瓜一斉個人の考えであり、他の情報や人物を否定するものではありません。本内容を実践するしないは、個人の判断でお願いいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA