レインボーダイエット:〇〇ダイエット紹介シリーズ

みなさんこんにちは!

苦瓜です。

今日はチアシードダイエットに引き続き、海外セレブが行った事で世界的に流行したダイエット法の一つを紹介しましょう!

ってか、海外セレブがやっていれば、何でも良いというわけではないと思いますが・・・

でも、そういうダイエット法ってたくさんあるのですよ。。。。

本当に海外セレブがやっていたのか、意図的に流行らせたのかまではわかりませんが・・・・笑

はい!

今日紹介する〇〇ダイエットは、「レインボーダイエット」です。

日本ではあまり聞きなれませんが、セレブや美容好きな方の間では注目を集めたことがあります。

 

レインボーダイエットとは

レインボーダイエットは1日の間で、その時間に合った最適な食材を食べるというダイエット法になります。

例えば、朝は赤や黄色のフルーツをメインに、昼は黄色や緑といったカラーの緑黄色野菜や卵を食べます。

夜は豆腐やブルーベリーといった、白や紫の食材を食べるのがレインボーダイエットの基本です。

 

食材の色と栄養について

➢ 赤→アンチエイジングに
トマト、にんじん、パプリカ、りんご、イチゴ、すいか、さくらんぼ。魚介類では、かつお、カニ、えび、鮭など。赤い色の食材は抗酸化力が強く、美肌にも効果あり。アンチエイジングの強い味方になります!

➢ 黄色→皮膚のシミ・色素沈着予防
かぼちゃや黄色いパプリカ、バナナ、グレープフルーツ、オレンジ、レモン、マンゴー、卵など。これらの食べ物は活性酸素をとりのぞきお肌のシミや黒ずみなど色素が沈着するのを防いでくれます

➢ 緑→免疫力アップ
アスパラガス、ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草、水菜、ニラ、キウイ、おくらなど。緑色の食材は、体の免疫力をアップさせてくれます。貧血防止にもつながります。

➢ 紫→眼精疲労・アンチエイジング効果
紫キャベツ(レッドキャベツ)、なす、さつまいも(皮つき)、ブルーベリー、巨峰、いちじく、ザクロ、あずきなど。目の疲れに効果を発揮してくれ、色素が豊富なので抗酸化力も強く、アンチエイジングにも効果が期待できます。

➢ 黒→美肌効果
黒豆、こんにゃく、黒ごま、プルーン、レーズン。海藻類では、昆布、海苔、ワカメ、もずく、めかぶ。黒い食材には、「アントシアニン」という成分が含まれていて、活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高く、細胞の老化を防ぎ、さらにはコラーゲンの合成を助ける働きもあるとか。

➢ 茶色→デトックス効果
ゴボウ、きのこ類、味噌、納豆、玄米、豚肉、牛肉、アーモンドなど。茶色の食べ物は、腸内環境をととのえて、お通じをよくしてくれます。結果的に美肌にも効果があるという、女性には欠かせない食材です。

➢ 白→バリア機能をアップ
玉ねぎ、大根、かぶ、カリフラワー、長いも、ショウガ、白身魚、鶏肉、豆腐、ヨーグルトなど。白い食材は、バリア機能をアップする作用があります。バリア機能とは、私たちの体にもとから備わっている、外からの有害物質や刺激を防ぐ働きのことです。また、肌内部に水分をキープし、保湿効果も期待できます。

時間ごとに摂取したい食材について

➢ 朝 → 黄色
フルーツに、赤や黄色、オレンジ色の食べ物が多いので、1日のスタートである朝食は、フルーツをメインにするといいでしょう。フルーツは、夜間に消化しきれなかった食物の消化を助ける働きもあります。

➢ 昼 → 黄色
ランチでは、緑黄色野菜を食べるようにし、特に黄色や緑の食べ物に重点を置きましょう。サラダや柑橘系のフルーツ、かぼちゃ、卵を使った料理など。

➢ 夜 → 

日が沈んだあとは、落ち着いた色合いの食材を食べるようにします。ブルーベリーやなす、豆腐など。夕食は軽くしたほうが胃腸への負担も少なくて済みます。就寝前に食事を摂るときは、食べすぎに注意してください。白い食物はごはんやパンのことですが、毎食節度を持って食べればOKです!

 

レインボーダイエットのメリット

このダイエットのメリットは、食べながら健康的に痩せられるという点です。

時間帯ごとに摂取していい食材は決まっていますが、しっかり食べる事が出来ます。

ダイエットといえば無理に食事制限を行い、身体を壊してしまうケースも少なくありませんが、レインボーダイエットであれば、健康的に痩せる事が可能かもしれません。

また、栄養バランスも整いやすいという点も、このダイエットの魅力です。

赤や黄色、緑に白、紫と色々な色の食材を、1日のうちで細かく摂取していきます。

色の濃い食材にはビタミン類やミネラル類が多く含まれており、栄養のバランスが整いやすいのです。

今まで食事内容を気にする事が少なかったという方も、レインボーダイエットに従い食事を行えば、栄養バランスを整えやすいと思います。

レインボーダイエットのデメリット

しかし、食事内容がおおむね決められてしまうという事をデメリットと感じる方もいるでしょう。

朝食・昼食・夕食と食べる食材の色が決められているので、場合によっては毎日食べるものが一緒になってしまいかねません。

また、外食が多いという方の場合、時間帯に合った色の食材を食べる事が難しくなります。

食事が臨機応変に行いにくいという点を、デメリットと感じてしまう方もいるかもしれません。

レインボーダイエットはメリットもあれば、デメリットも把握して行う必要があるダイエット法です。

Issei Nigauriの見解

さて、今日紹介したレインボーダイエットですが、私的には、ありだと思います!!

ただし効果が100%出るという意味ではありません。

何よりもこのレインボーダイエットが良いと思う理由は、このダイエットに取り組むだけでいろんな栄養素のことが勉強になり、習慣が身に付くということです。

「赤色はにんじんやトマト、パプリカ、これらの食材には抗酸化作用があり、美肌に良いんだったな~。そして、赤は朝食で食べるべし!」

といった具合に、食品の大まかな役割を学べるとともに、習慣をつけるのにもとても良いと思います!

私は取り組んだわけではないですが、実際に続けられれば、それなりにカロリーも抑えられて、効果も期待できるのではないかと思います!

興味のある人は、ぜひお試しあれ―( ̄▽ ̄)

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.

苦瓜 一斉

代表取締役株式会社FRONTIER GATE
出身地:沖縄県 最終学歴:筑波大学大学院(体育科学)大学時代の研究や経験を生かし、主にスクール運営やフィットネス、スポーツマネジメントを中心とした事業を展開中。現在は、個人起業家の支援やコンサルティングも手掛ける。元プロボクサー。個人投資家。

※この記事は、あくまで苦瓜一斉個人の考えであり、他の情報や人物を否定するものではありません。本内容を実践するしないは、個人の判断でお願いいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA