グリーンコーヒーダイエット:〇〇ダイエット紹介シリーズ

みなさんこんにちは!

苦瓜です。

さて、今日もやってやってまいりました!

人気の〇〇ダイエット紹介シリーズ!

皆さんのなかで、コーヒーをよく飲む方はいますか?

私は豆にこだわるほどではないのですが、毎日コーヒーをガブガブと飲んでおります!笑

なんか、カフェインのせいかもしれませんが、頭がすっきりというか、冴えるのです。

中毒かな・・・・・

今日は、そんなコーヒーにまつわるダイエットの紹介です。

その名も、「グリーンコーヒーダイエット」!!

 

グリーンコーヒーダイエットとは

以前話題となった注目のダイエット方法、グリーンコーヒーダイエットは、焙煎前のコーヒー豆を使って抽出したコーヒーを飲むというものです。

通常のコーヒーは、焙煎をして茶色い状態になった豆を使用しますが、グリーンコーヒーダイエットで使用されるのは、緑色の生豆となります。

なぜ焙煎前の豆を使用するのか、その理由はポリフェノールの一種である、クロロゲン酸の有無にあります。

クロロゲン酸は、抗酸化作用を持つ成分であり、脂肪の蓄積を抑えるという、ダイエットに嬉しい効果を持っています。

コーヒー豆にはこのクロロゲン酸が豊富に含まれているのですが、焙煎をして熱を加えると、分解され失われてしまうのです。

コーヒー豆が持つダイエット効果を、最大限に引き出すためには、焙煎前の豆を使用する必要があるとして、グリーンコーヒーダイエットが注目を集めるようになりました。

グリーンコーヒーダイエットのメリット

このダイエット方法のメリットとしては、手軽に出来る事、大きな食事制限がないことなどがあります。

グリーンコーヒーダイエットが持つもっとも大きなメリットは、誰にでも簡単に続けることができる、という点にあるでしょう。

焙煎前の豆でコーヒーを淹れ、食事の30分ほど前に飲むだけ、という非常に簡単なダイエット方法ですから、食事制限などが続かないという人でも、気軽に始められます。

また、焙煎前の豆にはカフェインが少ないため、胃腸があまり丈夫でない方にも飲みやすい、という利点があります。

コーヒーは好きだが、カフェインが気になるという方にとっても、チャレンジしやすいダイエットに方法だといえるでしょう。

グリーンコーヒーダイエットのデメリット

ダイエットに効果をもたらすとされるクロロゲン酸ですが、摂取しすぎると便秘になりやすいという、デメリット面も持っています。

腸の働きを抑制する作用がありますので、グリーンコーヒーダイエットを行なう際には、飲み過ぎに注意をする必要があるでしょう。

また、コーヒー豆は焙煎することによって、独特の風味を生み出していますので、焙煎前の豆を使用したグリーンコーヒーの場合、人によっては飲みにくいと感じるかもしれません。

 

 

Issei Nigauriの見解

さて、今日紹介したグリーンコーヒーダイエットですが、私的には、なしです!!

理由①

コーヒーそのものが独特の風味で、コーヒー好きの人も普通の人も、飲みにくいかもしません。

私も一時的に試したのですが、ちょっと微妙でしたね。。。。。

理由②

お金がかかる。。。グリーンコーヒーは日本ではまだ馴染みが薄く、そんなにすぐに買えるというわけではないようです。

つまり、インターネットで購入したりする必要があります。

クロロゲン酸のサプリメント等で代用するという人もいるらしいのですが、そこまでいくと、もはやダイエット法とかじゃないですよね(+o+)

 

 

まあ、飲むだけで続けられるという点では良いかもしれません。

あと、食事制限なしでもできるとは書きましたが、もちろん、ある程度食事に配慮しなければ結果は出にくいでしょう。

本当かどうかはわかりませんが、この焙煎前の豆にはいっている成分(クロロゲン酸)には、糖尿病や脂肪肝及びがんの予防、コレステロールを抑える、抗酸化作用等の作用もあるとかないとか・・・・・・笑

 

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.

苦瓜 一斉

代表取締役株式会社FRONTIER GATE
出身地:沖縄県 最終学歴:筑波大学大学院(体育科学)大学時代の研究や経験を生かし、主にスクール運営やフィットネス、スポーツマネジメントを中心とした事業を展開中。現在は、個人起業家の支援やコンサルティングも手掛ける。元プロボクサー。個人投資家。

※この記事は、あくまで苦瓜一斉個人の考えであり、他の情報や人物を否定するものではありません。本内容を実践するしないは、個人の判断でお願いいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA